一般社団法人日本アドボカシー協会 定款

 

一般社団法人日本アドボカシー協会定款 

 

 

第1章 総 則 

 

(名称) 

 

第1条 当法人は、一般社団法人日本アドボカシー協会と称する。 

 

2 英語表記は、Advocacy Japanとする。

 

(主たる事務所) 

 

第2条 当法人は、主たる事務所を東京都江東区に置く。 

 

(目的) 

 

第3条 当法人は、日本におけるアドボカシー活動の普及・発展・啓蒙及び情報提供を目的とし、その目的に資するため、以下の事業を行う。 

 

 (1) アドボカシー活動に関する人材育成事業

 

 (2) アドボカシー活動に関する講演・セミナー・出版活動

 

 (3) アドボカシー活動に関する調査研究事業

 

 (4) アドボカシー活動に関する表彰事業

 

 (5) アドボカシー活動に関する普及・啓発事業

 

 (6) アドボカシー活動に関する他団体への支援・連携

 

 (7) 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業 

 

(公告) 

 

第4条 当法人の公告は、当法人の主たる事務所の公衆の見やすい場所に掲示する方法による。 

 

 

第2章 社 員 

 

(入社) 

 

第5条 当法人の目的に賛同し、入社した者を社員とする。社員となるには、当法人所定の様式による申込みをし、理事の承認を得るものとする。 

 

(社員の資格喪失) 

 

第6条 社員が次の各号の一に該当する場合には、その資格を喪失する。 

 

⑴ 退社したとき。 

 

⑵ 成年被後見人又は被保佐人になったとき。 

 

⑶ 死亡し、又は失踪宣告を受けたとき。 

 

(退社) 

 

第7条 社員は、別に定める退会届を提出することにより、任意にいつでも退会することができる。

 

 

第3章 社員総会 

 

(社員総会) 

 

第8条 当法人の社員総会は、定時総会及び臨時総会とし、定時総会は、毎年6月にこれを開催し、臨時総会は、必要に応じて開催する。 

 

 

第4章 役 員 

 

(員数) 

 

第9条 当法人に理事1名を置く。

 

 

第5章 基 金

 

(基金の拠出)

 

第10条 当法人は、社員又は第三者に対し、一般法人法第131条に規定する基金の拠出を求めることができるものとする。 

 

(基金の募集)

 

第11条 基金の募集、割当て及び払込み等の手続については、理事が決定するものとする。 

 

(基金の拠出者の権利)

 

第12条 拠出された基金は、基金拠出者と合意した期日までは返還しない。 

 

(基金の返還の手続) 

 

第13条 基金の拠出者に対する返還は、返還する基金の総額について定時社員総会における決議を経た後、理事が決定したところに従って行う。 

 

 

第6章 計 算 

 

(事業年度) 

 

第14条 この法人の事業年度は、毎年1月1日に始まり同年12月31日に終わる。 

 

 

第7章 附 則 

 

(最初の事業年度) 

 

第15条 当法人の最初の事業年度は、当法人成立の日から平成26年12月31日までとする。 

 

 

公式twitter

掲載協力

 片岡英彦のNGOな人びと
片岡英彦のNGOな人びと
BLOGOS
BLOGOS
プロフェッショナル談
プロフェッショナル談
東京ウーマン
東京ウーマン